Voice of Identity 〜アイデンティティを示す声〜


 2016年6月、日本で初めてヘイトスピーチへの対策を目的とした法律、「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律」(「ヘイトスピーチ解消法」)が施行されました。しかし、インターネット上や街頭での在日コリアンをはじめとしたマイノリティを標的にする差別の扇動、ヘイトスピーチなどの差別的な言動がともなう事件は、いまだに収まる気配はありません。

 差別の扇動・ヘイトスピーチの害悪はとても著しく、その攻撃の対象となる在日コリアン、マイノリティにとっては、自己否定、絶望感、恐怖、過剰適応、心身不調や行動制限など、精神的なダメージはもちろん、ただ普通の社会生活をおくるだけの事にすら、深刻な被害をもたらすものとなっています。

 在日コリアンの若者たちは、なぜ自分たちが差別されるのか、どのような歴史の上に今の自分がいるのか、自分のアイデンティティはどこにあるのか、を知るために、自分の親やその上の世代の人々の経験や歴史などを聞く機会が、極めて少ないという現状があります。

 なぜならば、社会的な不利益を被ることを避けるために自らの出自を明らかにしない在日コリアンも多く、親や家族、友人たちとそのような会話をする機会が持てないことが、大きな原因となっています。また、自分が生まれる前に両親が日本国籍を取得していた場合、親からは自分の出自を教えてもらえない、ということもよく聞かれる出来事です。

 この「Voice of Identity ~アイデンティティを示す声~」は、様々な世代の在日コリアンの「個の歴史」についてのインタビュー映像を記録し、またその背景となる歴史的な経過を知る史料をWebアーカイブとして残すことで、ヘイトスピーチの被害者である自分自身のアイデンティティを見つけ、再確認し、この社会で希望や安心を持って生きるために、自己を肯定して行くための一助になることを目指しています。

 今後、日本の被差別当事者である部落出身者やアイヌ、沖縄の人々にも、同じような取り組みを広げていく予定です。